RSS | ATOM | SEARCH
クルミ キハダ シュリ サクラ エンジュ

 

 ツルツル警報、初耳でした。

 凍てつく道路の注意報です。

 3段階区分で今朝はレベル3、札幌地方です。

 最も危険な状態だそう。

 ゴム長で滑りながら歩いた子供の頃の

 バランス感覚にほど遠いもね。

 

author:tokatinoki, category:-, 09:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
セン キハダ シュリ ホオ クルミ ハン

 

 師走、霙混じりの雪も凍てつき

 道路に張り付いたまま。

 恐る恐るブレーキを踏む。

 冬道に慣れるまで40km /hが

 最高速度でーす。

author:tokatinoki, category:-, 10:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
カタスギ シュリ キハダ

 

 乾燥の仕上がったお椀、カフェオレボウル、スリム等の

 材料。暫く養生し中繰り仕上げと進みます。

 ここ迄来ると一安心。

 

 

 

author:tokatinoki, category:-, 23:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ダケカンバ コブ

 

 十勝の木のうつわ×send 展が終わりました。

 御来場の皆様sendゆきさん、片平様、リズムの

 お姉様御夫妻大変御世話になりました。

 まったくのお任せでご迷惑 お掛けしました。

 懲りずに宜しくお願いいたします。

 

 爆弾低気圧が覆っています。

 帰り道はブラックアイスバーンに濃霧、

 マッハ40h/kmでも恐い。

 ホワイトアウトの予報も。

 

author:tokatinoki, category:-, 01:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
イタヤ

 

 薪割りならぬ蒔挽きで冬支度、

 7、8年振り煙突掃除も完了。

 石油ストーブと安心は出来ない、

 学校時代に使われていたポット式の継続

 使用。頑張り過ぎた様で煤の始末が大変、

 さてじっくりゆっくり作れるかな。

author:tokatinoki, category:-, 08:13
comments(0), trackbacks(0), pookmark
桟木

 

 桟木が雪に埋もれてしまいました。

 片付ける前に雪、救出しました。

 木材乾燥の必需品。

 太さごとに結束、25本の束にします。

 

 

author:tokatinoki, category:-, 01:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
キハダ

IMG_2235.JPG

 

 屋外で二夏を経過したキハダ、色相も良い。

 表面は日焼けしていますがキハダ特有の乾燥色?。

 荒グリ後温風乾燥、養生し中グリ、仕上げと進みます。

author:tokatinoki, category:-, 23:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
マカバ、アオダモ、エンジュ

 

 大型カフェオレボウルと大型スリムボウルを切り出す。

 先日チェーンソで半分に切断したもので100mmの厚板と200mm幅。

 1200mm長尺ですがずっしり、火の気の無い部屋の作業でも汗ばみます。

 セン、キハダ、シュリ、サクラ、標準サイズのカフェオレボウルの

 木取りも進める。

 順調に進んでいたのにマカバで躓く。木口に出ていたカラス(入り皮上の

 欠点、夕焼けに飛ぶカラスの姿に似ている)が止まらない。

 板厚90mm幅170長1200mm片耳付き材がスプーン材料に。

 ドット疲れが出る。手と足の指先が冷え過ぎ痒くなる。

 本日終了。

 

 

  

author:tokatinoki, category:-, 00:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ダケカンバ コブ

 

 風が冷たい。身を切る冷たさで無いのが

 救い。

 

 秋が過ぎてしまったこの季節になると本を読んでいる。

 今年は昭和43年頃週間紙に連載の日本剣客伝。

 宮本武蔵、小野次郎右衛門、柳生十兵衛、堀部安兵衛、・・・・

 千葉周作も終わり沖田総司に。

 当時友人が赤い表紙の新撰組始末記(子母沢 寛)を

 プレゼントしてくれた。

 「面白いだから」と目を輝かせていた。

 

 

 

author:tokatinoki, category:-, 08:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ダケカンバ コブ

 

 風が冷たい。身を切る冷たさで無いのが

 救い。

 

 秋が過ぎてしまったこの季節になると本を読んでいる。

 今年は昭和43年頃週間紙に連載の日本剣客伝。

 宮本武蔵、小野次郎右衛門、柳生十兵衛、堀部安兵衛、・・・・

 千葉周作も終わり沖田総司に。

 当時友人が赤い表紙の新撰組始末記(子母沢 寛)を

 プレゼントしてくれた。

 「面白いだから」と目を輝かせていた。

 

 

 

author:tokatinoki, category:-, 08:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark